NEW ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
PROFILE
RECENT COMMENTS
LINKS
QR CODE
QRコード
携帯でも倉庫ブログをヨロシク。
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

音楽と映画とカメラとインテリア。
どれもこれもハズせない私を構築する様々な要素。
驚くほどの情報の数が私を支配する。
私のゴーストが囁きます。
それは匡にみつしりと・・・。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
写真展のお知らせ。
ミクシィにばっかり書いて、
オモテブログには何にも書いてませんでしたが
『オトコノコ展vol.2』という写真展に参加してました。
52人のオンナノコが撮ったオトコノコの写真展。
2007.9.6-17に大阪の中崎町にある
ONE PLUS 1 galleryで開催してました。
期間中に投票を行い、
1位 そのギャラリーでの個展券
2、3位 そのギャラリーでのグループ展参加券
がもらえます。

おかげさまで私の作品が2位に選ばれました。
ありがとうございました。

−−−

で、今日はその後のいろんなお知らせです。


●オトコノコ展、その後。

展示開催中のギャラリーにいるときに
突然取材を受けたんですよね。
そのときの記事が出てました。
私の名前、出ちゃってるし。ひゃー。
写真、出てないし。ショボーン。

 梅田経済新聞
 52人の女性が男性モデルを撮影−中崎で「オトコノコ展」

それからこちらは主催者さんが作ってくれたペエジ。
オトコノコ展の作品一覧や、
1〜5位に選ばれた人の大きな写真、
みんなの記帳ノートなどが見れる展示ペエジができたようです。
私の作品も大きく見ていただけます。
2位の「3.アコ」です。

 2007.9.6-17 オトコノコ展vol.2
 
ちなみに、『オトコノコ展vol.3』は来秋開催予定、らしいです。
また参加するつもりなので、一緒に参加して・見に来てください。


●+!〜Plastic 写真展にまつわるお知らせ。

11/29〜12/3まで、オトコノコ展と同じ中崎町のギャラリー
ONE PLUS 1 galleryで、カメラ仲間5人 Plastic Label による
グループ写真展をします。
「+!」←これで“プラスチック”と読みます。
その写真展に先駆けて、+!サイトを開設しました。
私たちについてちょっとでも興味を持っていただければと思います。

 +!〜 P l a s t i c
 http://www1.to/plastic

さらに、+!ブログも作っちゃいました。
写真展までの準備やら苦悩やら、ほかの写真展への参加やら、
ゆる〜く書いていく予定です。

 +!〜 P l a s t i c B l o g
 http://plastic5.exblog.jp/

あと、フォトログって写真展示サイトも、ちょいと前からやってました。
お暇なときにヨロシクね。


●ガーリィフォト エキシビション 2007(ガリホト)

 2007.10.10(水)-15(月)
 Girly Photo Exhibition 2007
 http://9soo-camera.ciao.jp/
 中崎町 ONE PLUS 1 gallery

通称「ガリホト」にも参加します。
オンナノコによるオンナノコのための写心展。
もうすぐ、もうすぐ。噂では100人くらいのオンナノコが参加してるらしいです。
参加側ですが、見にいくのがとても楽しみです。
ゼヒ。


ということで、なかなか活動的な秋を過ごしている私です。
しばらく写真展三昧。頑張りますので、ゼヒ。
| カメラ | 14:22 | comments(4) | trackbacks(0) |
カメラはマニュアルに限るぜコノヤロウ。
ひょんなことから手にしたマニュアルのカメラNikon FM。
約30年前に生まれた全手動のカメラ。
使いはじめて半年が経ちました。
最初は50mm短焦点レンズ1本というのに慣れず、
あれもこれも撮れないし!とストレスがたまりましたが
出来上がりの明るいキラキラの写真にすっかり魅了され、
絞りとシャッタースピードの値も、
状況次第でこんなもんだろうと予想がつくまでに成長。
補正だってお手のもの!・・・とは言えませんがまずまずわかってきました。

とにかく、マニュアル機は楽しい!
オートも楽だけどやっぱマニュアルだ!
オートマよりミッション!オートよりマニュアル!

露出計見ながら絞りとシャッタースピードを決めて、
ピントを合わせて、でっかい音で「パシャリ」と言わすあの感覚。
フィルムが終わったら手動でクルクル巻き取り巻き取り。
くぅ。
たまりません。

そう、やっぱアナログ(フィルム)、最高!

そりゃ、デジカメにも魅力的なことがたくさんあります。
撮ってすぐ見れるから失敗してたら撮りなおせるし、
気に入らなかったらすぐサヨウナラできるし、
現像のコストもかからない。
軽量化が進んでて軽いのも魅力。
オリンパスの宮崎あおいちゃんがCMしてるやつとか
オモチャ並みの軽さだものね。

だーけーどー。

現像代がかかるから1枚1枚に緊張感もあるし
失敗だってしっかり残ってしまうこの潔さ。
「あと○枚でフィルムが終わる」という区切りがあるのも
いいもんなんです。
フィルムによって色が違ったりするのもいい。
現像に出してから仕上がりを待つまでの切ない時間。
仕上がりをルーペで確認するあのワクワク感。
ハサミでちょきちょき切って、マウント作りする楽しさ。

フィルムで撮る利点が1つや2つくらいならば
デジタルに変えてしまうかもしれません。
だけどこんなに楽しいことがぎゅうぎゅうに詰まったフィルムですもの。
生産が終わってしまうまではしつこく使い続けてやりますよ。

どんどん便利になってる世の中。
趣味くらいはゆっくりじっくりもったりぐったりしたいものです。

誰でも手軽に簡単キレイ、なんて意味がないんだーっ。
| カメラ | 11:33 | comments(2) | trackbacks(0) |
カメラ教室、その後。
6月から通い始めたフォトピア写真教室『入門コース』があと1回の授業で終了となります。
約4ヶ月間だけど「入門」と言われる部分の知識はちゃんと身についた気がします。
カメラを買ってはや4年、ええ、5年かも?
やっとスタート地点に立った気がします。ん?ゴールはどこだ?

いままで自分で本を読んで勉強していたことは役に立たなかったわけではないけれど、
全然身についていませんでした。
やっぱり知識を身につけたら実践してみることが大切。
だけど自分で撮っているときは、
本を読んだことをきちんと実践で試してみるということをしていませんでした。
撮り比べる、ということをしていなかったので、
絞るとこうなる、開放だとこうなる、ということが頭の中でしか理解できていなかったのです。
そういう頭のなかだけの知識はすぐに忘れてしまう。
だけど、きちんと自分で試して撮ってみると、
絞るとくっきり近くにも遠くにもピントが合うんだ、
だけど暗くなっちゃうんだなと実感する。
そうすれば覚えられる。
そんな当たり前なことをきちんと勉強できました。
基礎を身につけることは本当に大切なものです。

入門コース
第1回 カメラ、フィルム、絞りとシャッター、露光量、被写界深度
第2回 カメラの使い方、適正露出、マウントの貼り方
第3回 撮影実習 都市緑化植物園(10:00〜12:00)
第4回 作品講評、シャッタースピード、シャッターチャンス 
第5回 撮影実習 王子動物園(10:00〜12:00)
第6回 作品講評、フィルム、写真用品、レンズの種類
第7回 撮影実習 鶴見緑地(10:00〜12:00)
第8回 作品講評、写真上達の秘訣、まとめ

昨日は現像に出していたフィルムを取りにフォトピアに行きました。
私よりずっと先輩の方がギャラリーにご自身の作品を飾っているところでした。
二眼レフカメラ ローライフレックスで撮られた正方形の写真。
色が優しくて、その人の好きなものが伝わってきて、ああこういう人なんだーと
肌で感じた気がします。
「写真を見られるのは裸を見られるのと同じ」と言われるのがよくわかる気がしました。
ギャラリーへ展示するという裏側を見ることができて、
またそれがとても勉強になると教えてもらいました。
写真を撮る、そしてそれを見せる=魅せるということ。
気持ちのいい高さに、気持ちのいい間隔に配置しなくちゃいけないし、
ライティングも考えないといけない。

なんてことだ。
魅せるということは相当奥深いぞ。
おちおち悠長なことしてられない。
勉強だー。

今年はすっかり大殺界を抜けて種子の年だと思い込んではじめたカメラ。
実は今年まで大殺界でしたよ。新しいこと始めちゃダメJAN!
こうなったら来年までじわじわ生きます。
じっくり勉強・・・。じっくり勉強・・・。
| カメラ | 09:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
フォトピア写真教室
フォトピア
フォトピア写真教室に通い始めました。
きちんと基礎から勉強したくて、入門コースからの参加です。
入門コースでは一眼レフの貸し出しもあるので、
持っていない人もたくさん参加しています。(3分の2は持っていないらしい)
私の持っているカメラは3,4年前のものですが
一眼レフの世界はパソコンと違って新しくなきゃ、とか全然ないので嬉しいです。
むしろ、クラシックカメラを持っている人の方がカッコよく見えるしね。
先生にPENTAX MZ-5nは、操作方法が昔ながらのダイヤル式でわかりやすく
いいカメラだと褒めてもらいました。
私自身もダイヤル式なとこに惹かれて購入したのでとても嬉しかったです。
カメラのこと、知れば知るほど、ニコンにすればよかったかなーとか
やっぱりCONTAXが素敵だったかなーとか
購入時に迷ったライバル機種に思いを馳せてきたのですが
やっぱりやっぱりPENTAXにして正解だったと思います。
なによりも、軽い!ので。
これ、一番大事。(女だからだと思うけど)
もしも外見やレンズに惹かれて別の機種にしていたら
重くてちっとも持ち歩くことをしなかったと思います。
やっぱりカメラ選びは自分の性格に合うもの、これ、大事(笑)。

ちょっと話が横道にそれたので本筋に戻します。

■第1回 カメラ、フィルム、絞りとシャッター、露光量、被写界深度
■第2回 カメラの使い方、適正露出、マウントの貼り方

終了した授業は上の2つ。
勉強はひととおりやってきたつもりなのですが、
本を読んでいるだけなので丸暗記なのです。
だから撮るときには
「ええっと?ここは暗いからシャッタースピードが遅くなる、ってことは
絞りはー開けるの?絞るの?んーっと?ええいもういい、オートで!」
といっつもオートになってたわけです。
そゆのがすべて解決しました。
やっぱ丸暗記は使えません。意味がわかってこそ、身につくものだ。
やっとこ、絞りと明るさ暗さとの組み合わせがわかりました。(遅)

入門コースは全8回。
第3回は実習で植物園に行きます。
なんだかとっても楽しみ。
いよいよ、実践だ!
| カメラ | 20:31 | comments(6) | trackbacks(0) |
写真本、作ったのですよ。
SoUCo / ACO 001Photoback』をご存知ですか。
自分で撮った写真を本にできるサイトです。
1冊1890円。安くないですか?
最近私はこれに夢中なのですが、
手始めにサイトに載せてる写真を
1冊にまとめてみました。
下記アドレスにてプレビュゥできるので、
ぜひご覧あそばせ。

URL :
http://www.photoback.jp/friends/preview.aspx?pbid=PBER-1138960604290240140&kw=B9749701

※このPhotobackのプレビューページ有効期限は 2006/06/08 までです。

| カメラ | 17:56 | comments(2) | trackbacks(0) |
本日の残念。
今日も現像に出したら、まっしらけー。
失敗続きのロモ助。連続何本目だこれで。涙。

せっかく撮ったはずのあの絵もこの絵も、
全部おじゃんかと思うとセンチメンタルジャニにもなるでよ 秋の午後。
| カメラ | 15:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
思わぬところでサイト宣伝。
今日はとても嬉しいことがありました。
会社の人からデスクトップの壁紙が素敵だと声をかけてもらったのです。
私の壁紙は
SoUCo // ACOに載せている9月カレンダー、つまり自分の写真!

あまりの嬉しさについついサイト宣伝してしまいました。
ぬあはー。

「どうですか?」と質問して「いいですね」って言われるのももちろん嬉しいけれど
突然「それ、いいですね」と言われる喜びはなんとも言えません。

カメラって、楽しいな・・・。
| カメラ | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) |